財務省が消費税増税をごり押すホントの理由~借金なんて知らねえ!~

この記事は2分で読めます

お金に群がる

どうも。たけしです。

前回も消費税の増税について書いたのですが、

今回も少し書きたいことがあったので書きます。
(前回記事→消費税増税に反対している人たちの一部理由がおかしい…

 

まず、安倍内閣は消費税率を来年10月に10%に引き上げる予定だったのを、

延期するという判断をしましたね。

これは消費があまりに落ち込みすぎて、

これ以上はやばいという判断から行われたものでした。

 

国民としてはとりあえず嬉しいですよね。

だって、無駄にお金を使わなくて済むのですから。

 

しかし、この増税の延期に反対を唱えている団体がいます。

それが「財務省」です。

 

では、なんで財務省は増税したいのでしょうか?

 

→財務省が権力を手に入れるチャンスだからです。

基本的に政府の予算原案は財務省が決めます。

つまり、消費税の引き上げで入ってくるお金が増えると、

財務省が決定できるお金が増えるわけです。

その結果、各省、政府をコントロールできるような権力を手に入れられるわけですね。

 

ちなみに、国の借金を減らそうなんて考えは微塵もありません。

皆さんがボーナスを手に入れたときに、多めに使ってしまうのと同じことです。

入ってきた分を無駄に使いまくるだけです。

 

では彼らの言い分を聞いてみましょう。

『…(略)…
財務省はとくに、再増税に慎重な議員に集中して押しかけた。同省幹部は、ある若手議員に再増税をしきりに訴えたという。
「社会保障費が膨れ上がる中、消費税率がこんなに低いのは、国民を甘やかすことになる。経済が厳しくても10%に上げるべきだ」
若手は「景気はかなり悪い」と反論すると、財務省幹部は「景気は回復していきます」と楽観論を振りかざした。その言いぶりは、まさに「上から目線」だったという。…(略)…』

産経ニュース(2014.11.17.19:42 「消費税率再引き上げ 財務省「予定通り」に固執し、官邸激怒」より抜粋)

 

国民を甘やかすな。金をよこせって感じですかね。

国民を搾取したいだけのクソ団体ですね。

 

ということで、とにかくお金=権力がほしい財務省への不満でした。

 

国の借金が減っていくことを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ユーロチャート
  2. 男 想像
  3. 1万円の束
  4. 喜び
  5. 大量の金
  6. 貧乏
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Comments links could be nofollow free.

気に入ったらぜひクリック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。