寄付の金額を増やしたいけどどうすればいいの?~シードマネーの役目~

この記事は2分で読めます

募金

今回は「人々に寄付をさせるための経済学」というものを紹介します!

Re●dy ForとかCa●pFireなどの会社や学校で募金を集めたりする方には

耳よりなお話になると思いますのでぜひ読んでみてください。

 

~寄付をさせるためには“シードマネー”を使え!~

 

皆さん、シードマネーという言葉をご存知ですか?

 

シードマネーとは簡単に言ってしまうと、

「1万円の募金を集めるときに0円スタートでは集まりにくいから、

1000円は入っていることにしよう」

の1000円のことです。

 

今回次のような実験がアメリカで行われました。

ある地域の幼稚園から高校までの学生の、教育を援助するためにお金を集める

という趣旨で、3000通もの手紙を出しました。

 

半分の1500通には5000ドル必要であると書き、

もう半分には5000ドル必要だが2500ドルはすでに集まっている

と書きました。

 

結果は前者が1375ドル、後者が1620ドルで、

すでに2500ドルあると書かれていた方が18%も多く募金が集まりました。

 

この結果からは、募金でより多くのお金を集めたいなら

すでにお金が集まっていることを強調すると良いことが言えます。

 

では、なんでシードマネーに効果があるのでしょうか。

目標金額まであと少しなら、自分が募金する必要ないな…とか思うんじゃないの?

 

これを調べるために、

シードマネーをどのくらいに設定したら良いのかという実験があります。

目標金額の10%、33%、67%でシードマネーを設定した時、

お金が一番集まるのはどれなのか、ということです。

 

選ばれたのは…

 

 

綾鷹でした。

 

 

冗談です(勢いでやってしまいました)。

 

正しくは、67%でした。

集まった金額が多い順に67%33%10%です。

 

これは、シードマネーが人々の中で安全度の指標に繋がっていると考えられています。

 

人々が募金をするときに気になるのは、募金先が「安全かどうか」ということです。

しかし仕事で忙しく、そんなことを調べてる暇はないわけです。

 

ではどうするかというと、

 

みんながどうしているのかで判断するわけです。

みんなが入れている=安全と考えているわけですね。

 

シードマネーにはこのような効果があるので、募金を高めることができるのです。

 

ということで、募金を募る方はこの“シードマネー”を

考えて募金活動を行うと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ショッピング
  2. オークション
  3. ドナルド選挙
  4. 子どもやる気
  5. 恋愛
  6. 消費税
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Comments links could be nofollow free.

気に入ったらぜひクリック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。